会員便り

2019年5月 2日 (木)

Hawaii Chapter Fundraising Dinner

東京チャプターメンバー各位
2019年4月28日(日)の夜にEWCA ハワイチャプターの年次総会がヌウアヌのパシフィック・クラブで開かれました。100人以上のメンバーやゲストが参加した他、10名ほどの現役学生が招待されていました。
Spresident-richard-vuylsteke
このディナー・パーティーは会費が100ドルで、チャプターの資金集めの会でもあります。この会で集まった資金は学生の学会発表の旅費の補助に使われます。参加者は、東京チャプターもそうですが、やはり60年代・70年代のメンバーが中心のようでした。
Shi-chap-dinner-group-picture 
右から(敬称略):谷口慎太郎(2014)、長井千文(77)、外池一子(78)、(長井さんの友人)、Michael Weitzenhoff (77)、外池滋生(73)
Schapter-dinner-program
ホノルル在住 外池一子(78年)記

2019年3月23日 (土)

会員便り「ホノルルでミニ同窓会をしました」

東京チャプターの皆様

去年APLPに参加された安部由紀子さん(APLP G18)が東京女子大学の学生を引率してオアフ島でのStudy Tourに来られています。
この機会に、安部さんとお会いすることになったのですが、他のEWC同窓生や関係のある方にも声をかけていただき、昨日(3月23日)大学に近いミャンマー料理店でミニ同窓会のような会になり、いろいろな話で盛り上がりました。
写真を添付します。
Sewcj-dinner-at-dagon-03_23_2019-2
写真は右から:
Vince M. Okada-Coelhoさん(APLP G6、HPU)
鶴見剛(Yoshi)さん(東日本大震災後東北の子供たちをハワイに招くなど教育関係の仕事をされていて、EWCとの接点もあるそうです)
安部由紀子さん(APLP G18、東京女子大学)
小池大慈さん(APLP G19、静岡県職員)
外池一子(PI 78)
外池滋生(CLI 73、UH)
谷口慎太郎さん(元EWCPA president、Hawaii Tokai International College) 
小池さんは1年間の研修を終えられて本日帰国されました。今後のご活躍をお祈りしています。
外池一子@ホノルル

2019年2月10日 (日)

会員便り「APCセッションの報告」久米昭元会員(74年)

2018年8月のソウル大会で「アジア太平洋センター(APC)構想」セッションを主宰された久米会員から、お礼を兼ねて報告がありました。2014年の沖縄、2016年のマニラに引き続き、3回目のセッションでしたが、星野会長はじめ25名ほどの方々の参加を得ました。
セッションで発表された堤純一郎氏(琉球大学教授)のパネル資料です。「apc_outline.pptx」をダウンロード
今後、APC構想委員会は2019年5月25日に立教大学で会合を開き、APC設立趣旨案最終案を決定↓した後、翌26日に関係先へのアプローチに関する戦略策定会議を予定しています。
また、セッション・リーダーを務めた仲地清氏(名桜大学名誉教授、APC設立検討委員会の事務局長)が「琉球新報」の論壇に寄稿された記事 (12月25日付)をご覧ください。画像の上をクリックすると拡大して見ることができます。
Apc
「APC構想」についてご関心のある方は、久米昭元会員 kume@rikkyo.ac.jp までお問い合わせください。
山下道子(76年)・記

2017年9月 6日 (水)

会員便り 宮崎輝子さんご夫妻を囲んでランチ会(綿森宣行会員)

皆様、お元気にお過ごしのこととお慶び申し上げます。またまた近況報告です。
私のEWC化学の1年先輩で、色々何も解らない私を親切にガイドして下さった宮崎輝子さんが、久し振りに滞在のミシガンよりご夫妻で帰国されました。8名程の少人数でしたが8/30(水)銀座資生堂パーラーレストランでのランチ会に引き続き、新橋でのちょっとの間をカラオケと日比谷公園散策などで愉しみました。
画像2点を添付します。EWC東京チャプターのHPで、他の’64頃の宮崎さんご夫妻をご存じの方にもご覧いただければ幸いかと思います。まだ天候不順は続いていますが、時節は秋の良い頃に入りました。益々のご発展とご健康を祈念いたします。 ご自愛ください。 綿森 宣行 (’64)
Photo_3
Photo

2016年7月20日 (水)

会員便り:EWC Wall of Honorについて(綿森宣行会員)

Photo_22016年7月15(金)に’64の仲間である門田光雄氏の著書「日本を伝える英語張」の出版を祝い、仲間内9名で暑気払いのランチ会を持ちました(写真参照)。

皆さん、和気藹藹で近況情報のアップデーティングや門田氏の出版の苦労話等を聞き、大いに盛り上がりました。

その際、綿森からEWC Wall of Honor に$100寄付して、’63の須田良雄氏の口座を開設したことを皆さんに紹介しました。須田氏は’95のハワイでの30年同窓会のお世話その他、色々仲間内の会合等のお世話に絶大なる貢献をされた方です。Wall of Honor実施のハウ・ツーをまとめた資料を下記に記載します。

EWCのWall of Honor プログラムご存知でしょうか?

オールド・グランティの私(綿森 宣行)は、昔お世話になったEWCに何らかのお返しが出来たらと考えるこの頃です。その一つとして Wall of Honor プログラムが有ります。

これは、自身で $1,000 (~10万円) 寄付して、現在勉強しているEWCの学習者への奨学基金(無目的な寄付金ではありません)として貰う。自身の名前も EWC Burns Hall の一階の Alumni Office に入るドアの隣の壁に額に入って掲示されます。(訪問されてリストを見ることも、ウエブサイトで閲覧することも出来ます。)

他に、既に Wall of Honor にお名前の載っている方や、以前お世話になったり、ぜひその人を皆さんに EWC理念に叶い、いずれ Wall of Honor  として称えて欲しい人の名前に寄付する事も出来ます。(新しく口座を作成する場合は $100 (~1万円)、既に候補として口座の出来ている人の場合は $25(~2,500円)以上なら幾らでの寄付でも良い。)

具体的寄付の方法は? (以下の2つの方法が有ります)

1.寄付意思表示のカード(添付図1)の書き込み項目を記入して(この場合、クレディット・カード番号を記入)以下の EWC住所にカードを郵送する。
To: The Wall of Honor Program
     East West Center Foundation
     1601 East-West Road
     Honolulu, Hawaii, 96848-1601 U.S.A

2.On Line ウエブサイトから寄付を実行する。まず
①www.eastwestcenter.org/wallofhonor と入力してください。East-West Center Foundation のページが出てきます。そこにWALL OF HONOR PROGRAM と書いてあり、ページの中央付近にHonor Someone と茶色のような色で囲んで表示されているところがありますので、その文字をクリックしてください。②次にEast-West Center Community のページが出てきます。そのページを使って実際にonline donation をしていただくわけですが、赤でDONATION INFORMATION とあり、金額を記入するところがあり、その後にADDITIONAL INFORMATION と書いてあります。③そこに、Wall of Honor designee を入力するところがあります。そこの<select> と言う文字をクリックします。そうすると、すでにアカウントが開かれている方々のお名前が、スクロールダウンされます。大勢の方々のお名前はファーストネームの次にラストネームとなっていますが、順番は、ラストネームのアルファベット順です。(添付図2)は私が、須田さんの口座を開く際に記入した項目です。Donation $100.00 と Wall of Honor other: Yoshio Suda と入れましたが、ここでは 須田さんのお名前は表示されません。(添付図3)は自動的にメールで寄付への Thank you が来ますが、ここでも 須田さんの名前は表示されません。 10日程のちに寄付へのお礼状が届くと書かれています。(今回の寄付でも届きました。)

その他:関連してのエピソード
本件に関しては 津恵 オスターマンさんに色々アドバイスを頂きました。最初は宮田さんの口座を作ったので私にも賛同・協力を依頼されたものです。すぐ$100宮田さんの名前に寄付しましたが他にも、マサ・マツモトさんやミヤザキ・サトルさんも同じ様に寄付され、宮田さんの娘さんが $1,000 満額としたそうです。津恵 オスターマンさんは、私、マサ・マツモト、マリコ・タナカさん等にもそれぞれ $100入金して口座を開いてくれています。私もサイクルを回すべく須田さんの口座を開いたものです。(添付図4)は折々EWCから送られてくる Wall of Honor に登録されているリストです。皆さんお知り合いのお名前も確認出来るかと思います。(この表は折々ですので、寄付されてもすぐにこのリストでアップデートはされませんので誤解されない様お願い致します。)なお、寄付されてもアクノーレッジのお手紙が来なかったり、不明な点が有りましたら、
Gary Yoshida <YoshidaG@EastWestCenter.Org> さんに問い合わせを入れて下さい。
Tel:?808-944-7196
East-West Center Foundation
1601 East-West Road
Honolulu, HI 96848-1601

また、本件の寄付をされるに当たり、どうも不案内で実行難しいと思われる方は 
綿森 宣行:メール(watamori.n@nifty.com) 、電話&FAX(03-3969-9353) 携帯(090-1814-9353)のどれかで連絡を入れて下さい。お手伝い致しますし、ご希望ならお金の振り込みも私の方で行い、ご指定の寄付ドル金額に見合う日本円を私の銀行口座に振り込んで頂ければそれでも結構です。

私たち世代はもう毎年西の方に行かれる方が増えてきています。生きている内に、自身、お連れ合い、子供、友人、先輩、色々お世話になって来た人々のお名前でEWCの奨学基金に寄付することで感謝とお返しのサイクルを回しましょう。

宜しくお願い致します。 ‘64~’66 化学 綿森 宣行

Photo_3Photo_4






 

Photo_5


Photo_6


2016年6月12日 (日)

会員便り 飯沼覚会員より電力小売自由化に関する本の紹介

Photo_2飯沼芳樹会員(82年)が勤務されている(一社)海外電力調査会から下記の本が出版されました。日本でもこの4月から小売電力が自由化され、契約先について悩んでいる方にお勧めの一冊です。

世界の電気料金を比べてみたら -電力小売自由化研究ノート-
一般社団法人 海外電力調査会編
四六判 248ページ  1,200円 + 税

2016年4月からの電力小売全面自由化に向けて、電力小売自由化で先行する世界の国々を徹底調査。小売自由化によって生まれた様々な海外の国々の電気料金メニューやユニークなサービス、電力ビジネスのトレンドを紹介。電力小売自由化のマイナス面にも光を当て、電力会社の選び方や契約する際に注意すべき点などの情報も盛り込んだ。電力会社や電気料金メニューの変更を検討している一般の読者から、電力小売全面自由化で新たなサービスを検討している電力会社の方々にとっても必読の書。2016年2月刊行。
紹介者:飯沼芳樹(82年)
    

2015年11月29日 (日)

63年、64年の11名が集まり旧交を温めました

2015年11月27日(金)にEWCの63年、64年の仲間たちで、久し振りのランチ会を愉しみました。私たちの世代はもう毎年一人、一人と西の方に行くこの頃で一段と寂しさを感じています。それで、久し振りのランチ会はアメリカ・ミシガン州在住の宮崎さんが日本に見えられた機会に合わせ集まったものです。門田、小林、宮崎、酒井、阿部、岡崎夫人、須田夫人、湊、斎藤、真正、綿森(敬称略)の11名の参加でした。ランチ会の2時間強は各自の近況報告や色々な懐かしいハワイの頃からの思い出やお互いの現状確認であっという間でした。   綿森宣行(64年)・記

Sewc

2012年4月17日 (火)

「会員便り」No.2 綿森宣行会員

 私たち’63~’64の有志(ご夫妻含む)では以前から折々集まって一杯の会や最近はランチ会等を持っています。旧交を温めたり、近況情報交換で集まった皆さんの元気な顔を確認、無事これ幸いを喜び・楽しむのが趣旨です。その様なランチ会が4/13(金)新橋第一ホテルのラウンジ21と言うところで持たれました。参加者は以前から色々この様な集まりに貢献された須田さんの奥様を含み11名でした。スナップ・コラージュ一葉を添付いたします。
 皆さんの益々のご健勝とご自愛を祈念いたします。 (’64 綿森 宣行)

Ewc_lunch_gathering_7


2012年3月25日 (日)

「会員便り」 No.1 早川 巌会員

Iwao Hayakawa (CLI-77)

 
URL:http://www13.plala.or.jp/jimmy119/

 JEWCA東京チャプター2012年度総会は、外池滋生会長、山下道子様、外池一子様ほか役員の皆様の周到な御準備、運営により大盛会でした。その中で、いつもお美しい和服姿の酒井洋子様にも再会することが出来、楽しい総会でした。しかも、大先輩であるDr. M. H. Anderson の現実のアジア外交をめぐる貴重な講演も拝聴できて満足いたしました。有難うございました。

 不肖私の拙いHP、「Jimmyの旅行アルバム」も紹介してあります。一昨年夫婦が参加しましたEWCA創立50周年記念の8つ目のサイトとして「アメリカ紀行」として一部ページに載せました。「Yahoo!Japan!」ならばどうにか見られそうですので御関心のある方は御笑覧戴ければ嬉しい限りです。

 最後に、皆様の御多幸を祈念して止みません。(早川巌)

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ