会長のエリア

2018年2月28日 (水)

2018年度東京チャプターの運営方針

2018年2月24日(土)に開催された第10回年次総会において、新たに選出された星野靖雄会長より2018年度の運営方針として、以下のような新たな提案が示されました。
①先輩の会員の中には退会される前に事務局に寄付をしたり、10年先まで年会費を前払いされる方もいる。こうした方々には「シニア会員」として、年会費を支払わなくても会員でいられる制度を設けてはどうか。これに対して、会員が高齢化する中で「シニア会員」が増えればチャプターの財政基盤が危うくなるのではないか、連絡のないまま幽霊会員になってしまうのではないか、などの懸念が示されました。
②現在使われている東京チャプターのホームページ(ブログ形式、無料)は掲載容量に制限がある、プロバイダー経由で宣伝が入る、使用中にオンラインが切断される、など使い勝手が悪い。私(星野)は自分が所有するドメインをEWCA中部チャプターやフルブライト同友会に無料で開放し、共同管理している。東京チャプターのホームページもこちらに移管すれば、安定した運用ができるのではないか。
EWC本部のホームページには会員のDirectoryが掲載されており、パスワードを持っていれば誰でも閲覧できる。東京チャプターの会員にこのことを周知させ、住所やメールアドレスの更新を呼びかければ、このDirectoryを通じて会員管理ができるのではないか。
④総会以外にチャプターの会合(講演会とアトラクションを組み合わせる等)を年に1~2回企画してはどうか。講演会は議事録をHPに掲載し、参加できなかった会員にも共有できるようにする。
長年中部チャプターの会長を務められた星野会長のご提案は大変斬新なものでした。今後これらの実行可能性について運営委員会で十分協議し、前向きに検討していきたいと思います。星野会長、ご指導をよろしくお願いいたします。(山下道子76年・記)

2014年9月29日 (月)

2014 EWC/EWCA International Conference報告

    
EWC/EWCA沖縄国際大会(9月17日~19日)は盛会のうちに終わりました。 世界中から300名余りの同窓生が集い、懐かしいAloha Spiritの雰囲気の中で種々のプログラムが進行しました。内、沖縄から80余名、日本本土から50余 名の参加があり、東京チャプターの会員のシンポジウムや発表も含まれていま した。

当大会にご寄付くださった皆様のお蔭でSilver Sponsorsの一つとしてEast-West Center Association Tokyo Chapterとして謝辞とともにプログラム に掲載されました。有難うございました。

大会前日のChapter Leaders Workshopでは、EWCのMorrison会長、Tsujimura理事長、理事、EWCAのShultz会長、沖縄大会実行委員長の山里沖縄チャプター会長およびLawry氏、EWCスタッフらとともに、我々が直面する様々な問題について活発な議論が交わされました。

主に、アジア・太平洋・アメリカの地域間相互関係と理解の改善というEWCの使 命を支持するためにチャプターは何ができるか、また、チャプター間のネットワー ク作りの基になる共通のゴールは何か、チャプターはその地域社会の活動にいかに協働できるか、チャプターの会員の活動の活性化のために何ができるかなどが議論されました。いずれ、EWCからその議論の報告とそれに基づいて何ができるかの提案があると思います。

EWC学生のための奨学基金集めのWall of Honorの件では、US$1,000を超えた被顕彰者のなかに東京チャプターで推薦した故馬場昌雄先生に次いで故宮田元靖氏も入ったとの報告がありました。奨学資金集めはEWCの将来に重要なので、顕彰者は亡くなるまで待たずどんどん推薦して欲しいとのことでした。寄付者がEWCを訪ねた際に実際に名前を刻んだ壁が欲しいと要望しましたら、考慮するとの返事がありました。

2年後の次の大会はフィリピンと韓国が名乗りをあげていますが、まだ決まっていません。

私は最終日の午後、帰らざるをえませんでしたが、フィナーレのFarewell/Aloha Banquet & Alumni Talent Showは大いに盛り上がったと、東京チャプター事務局からのメール報告がありました。

ご協力を感謝するとともに、次回もマニラかソウルでお会いできることを祈っています。取り急ぎ、ご報告まで。

東京チャプター
会長  矢野安剛

2014年4月 8日 (火)

沖縄大会への寄付のお願い

JEWCA東京チャプター会員の皆様

 ようやく温かくなり花見の時期になりましたが、お元気のことと拝察いたします。昨日、3月29日に東京チャプター年次総会を九段のホテルグランドパレスで開催致しました。その際、沖縄チャプターの山里会長から9月17日~19日のEWC/EWCA沖縄国際大会に参 加という形でご協力いただきたいとのメッセージを披露致しました。

 2004年の東京国際大会の際、沖縄チャプターから30万のご寄付をいただいております。今 回の沖縄大会にはお返しに同額の30万は予算に計上しておりますが、いくらかでも上乗せしたいと思い、4月末を期限とし、会員の皆様にご寄付をお願いすることを提案し、あわせて承認していただきました。なお、金額は省きますが、ご寄付いただいた方々のお名前を記載して沖縄 支部に送金致します。

 以下に振込先を記載致しますが、これはお願いであって強制ではありませんので、義務とお受け取りにならないでください。飽くまでも自由意思でお願いします。

    みずほ銀行九段支店 普通預金
    口座番号 1398520
    口座名義 JEWCA東京チャプター

    ゆうちょ銀行 通常貯金
    記号 10130 番号 3543181
    口座名義 日本イーストウェストセンター同友会東京チャプター

 よろしくお願いします。
                                       東京チャプター会長
                                         矢野安剛(63年)

2014年2月15日 (土)

矢野会長からのメッセージ

2013年3月の総会で選出され、東京チャプターの会長を務めて参りました。外池滋生前会長にご助言をいただき、また外池一子さん、山下道子さんを始めとする運営委員の皆様のお陰でやってこられました。この場を借りて運営委員の方々に感謝の気持ちを表明させていただきます。原田秦副会長と共にもう1年頑張りたいと思いますので、よろしくご協力をお願いいたします。

 
2013年度の活動としては、5月にUHA Spring Event(六本木のOakwood)に参加し、UHAAとJEWCA Tokyo Chapterとの連携を強めることにしたこと、また、国連WFP(World Food Programme)協会のアフリカの子供たちの飢餓撲滅の募金運動「横浜チャリティ・ウォーク」に参加したこと。10月には、2004年のEWCA東京大会に尽力をされた故馬場昌雄先生(EWC 1999)を顕彰するため、EWCの奨学金プログラムWall of HonorのHonor Listに推薦し、皆さまのご協力で先生のお名前がWall of Honorに刻まれることになりました。12月には、新入会員の一橋大学の久保庭眞彰教授(Visiting Scholar 2013)とMansfield Fellowとして防衛省に勤務中のMichael Bosackアメリカ空軍大尉(Fellowship Program 2009)の歓迎会を開いたこと(ゲストには日米教育委員会事務局長のSamuel Shepherd氏(EWC 60s)招待)などです。

2014年度の活動方針としては以下のことを考えています。
* 2014年9月のEWC/EWCA沖縄国際大会への協力(参加、発表など)
* 新規留学者および帰国者の歓送迎会
* 留学年度を超えた会員の交流を目指す不定期のミニ講演会や座談会などの企画
* 連携を深めるためのUHAA Event出席および総会への招待
* アメリカ大使館の広報部から通知のあった催しに参加し、大使館との連携を保つ

初期留学者の高齢化に伴い、年々、会員数が減り、現在会費納入者は120名ほどになっています。魅力ある企画を通して、会の活動を活性化し、会員数の維持および最近のAPLP参加者など新会員の加入を考えなければなりません。会員の皆様には総会に是非ご出席いただき、活動に対するいろいろなご助言を賜れれば幸いです。万障お繰り合わせのご出席をお願いいたします。また、引き続き2014年度も年会費の納付の程よろしくお願い申し上げます。

JEWCA東京チャプター会長
矢野 安剛

2014年度運営委員会メンバー
会長:矢野安剛(63) 副会長:原田泰(78) 会計:山下道子(76) 会員・連絡:外池一子(78)
プログラム:長谷川洋一(70) 外池滋生(73) 山本真鳥(78) 梅田純一(82) 外岡尚美(84)
熊野留理子(03) 橋本千英(05) 横手仁美(09) 監査:市原暉久(74)

2013年10月27日 (日)

故馬場昌雄会員(99年)がEWC Wall of Honorに登録されました

JEWCA東京チャプターの皆さま

EWCセンターの同窓会基金 (endowment fund) に、EWCに貢献された方を顕彰するWall of Honor と いうプログラムが設立されました。そこで、2004年のEWC東京大会を主導し、多大の貢献をされた日本大学の故馬場昌雄先生を顕彰するため、先生をhonor rollのリストに加えました。

馬場先生に敬意を表したい方は25ドルからの追加寄付ができます。下記の方法に従って、URLにアクセスしてクレジットカードでお支払いいただくか、または小切手を郵送してください。念のため申し添えますが、これはお知らせであってお願いではありません。

JEWC東京チャプター
会長 矢野安剛

P.S. ご寄付の方法は以下の通りです。

EAST-WEST CENTER WALL OF HONOR

You can honor an East-West Center person who made a difference in your life by
donating $100 to the East-West Center Wall of Honor Program and start a fund
in that person’s name.  The person’s name will appear on a virtual Honor Roll.
If a fund has already been started in that person’s name, you will see his or her
name on the pull down menu.  In that case, you may donate any amount of $25
or more to add to the honoree’s fund.  An honoree who receives a total of $1,000
or more will be listed on a future Wall of Honor.  All donations will go to the Alumni
Endowment Fund for Student Scholarships.

You can donate online https://eastwestcommunity.org/wallofhonor
or complete this form and mail to:

The Wall of Honor Program
East-West Center Foundation
1601 East-West Road
Honolulu, HI 96848-1601

2012年2月18日 (土)

2012年度総会に向けて

会長からのメッセージ

 2009年から2年間会長を務められた土屋隆氏がオーストラリアに転勤されることになり、2011年2月5日に開かれた総会で東京チャプターの新しい会長に選出されました外池滋生(73年CLI)です。
 2011年の活動や決算の詳細は、すでにご案内のとおり、3月3日(土)の総会(13:00~@渋谷「八雲クラブ」)で説明いたしますが、今年は10月に懇親会を兼ねてAsia Pacific Leadership Programの研修生のreceptionを開催するという新しい試みをしました。
 その他にも新しいgranteeの送り出しとして食事会を2回、EWCからの訪問者との情報交換のための会食なども行いましたが、やはり会員の皆様の参加をさらに募る必要を感じました。
 
 また、財政面では、一時は150名を越えた会費納入者も、老齢などの理由もあって110名台に減少しております。その一方で、若い新たな入会者もありますし、今年度出発したAPLPの参加者は新年度には帰国しますので、新たな会員として入会してくださることを期待しております。
 いずれにせよ、会の発展のためにはより多くの会員の皆様の参加が必要で、そのためには会の活動を魅力的なものにする必要がありますが、それには財政的な基盤が安定していることが不可欠です。従いまして、引き続き2012年につきましても年会費(2,000円)の納付の程、よろしくお願い申し上げます。
 
 皆様には総会に是非ご出席いただき、活動に対するいろいろなご助言を賜れれば幸いです。万障お繰り合わせのご出席をお願いいたします。

EWCA東京チャプター会長 外池滋生

2011年3月18日 (金)

東北関東大震災「復興義援金」の呼びかけ

JEWCA東京チャプター会員各位

 まず、会員の中でこの度の東北関東大震災で被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。また会員の中あるいはそのご家族、ご友人などでお亡くなりになったかたもいらっしゃるかもしれませんが、それらの方々には慎んで哀悼の意を捧げます。
 さて、この震災の被災者に対して義援金を募る行動がハワイのEWCの佐藤容子さん達の手で始まりましたことは、別便でお知らせしましたが、東京チャプターとしても以下の要領で、義援金を募り、日本赤十字社 東北関東大震災義援金担当に「JEWCA東京チャプター」として寄付することを、運営委員会で決定いたしました。つきましてはご協力をお願いいたします。ご協力いただける方は下記の東京チャプターのいずれかの口座に義援金をお振込みください。
 なお、今回の義援金の寄付者の氏名、金額については会員の間では伏せた形で行いますが、グループとして寄付をしても、日本赤十字からは個人宛に受領証を発行してくれますので、必ず、氏名、住所、金額を、振込用紙にご記入いただくとともに、jewca.tokyo.2010@gmail.comまでお知らせ頂きますようお願いいたします。繰り返しますが、この情報は受領証発行の依頼以外の目的には使用いたしません。
 日本赤十字社に送金を終えた段階で、義援金の総額をご報告いたします。各人の義援金が寄付されていることは個々に送付される受領証でお確かめください。
 なお義援金の金額は処理の簡素化のために千円単位でお願いいたします。

東北関東大震災義援金募集

期間: 3月18日から3週間(4月8日まで)
振込先: ①みずほ銀行 九段支店 番号1398520 
         口座名義「JEWCA東京チャプター」
     ②ゆうちょ銀行 記号10130 番号3543181 
         口座名義「日本イーストウェストセンター同友会東京チャプター」
振込料は各自ご負担ください。

JEWCA東京チャプター会長  外池 滋生

2010年12月18日 (土)

2011年度総会を控えて

会長からのメッセージ

 東京チャプターの2010年の活動や決算の詳細は2011年2月5日での総会で説明いたしますところ、この1年間で計画していたことを全ては実施できませんでしたが、皆様のご協力をいただき、EWC50周年記念の寄付(8,000ドル)や7月30日の東京チャプターALOHA Partyを実施し東京チャプターとしての一体化を図りました。また、会員名簿の整備も進み、インターネットでのEメールによる会員相互のコミュニケーション、ホームページの開設とチャプターとしてのインフラが整い始めました。

 また、財政面では、2009年末には33万円ほどになっていた資産も、2010年に150名余りの方から年会費を納付して頂き、2010年の活動を終了した時点でおおよそ45万円程度が次年度に繰り越せるまでになりました。とは言っても、チャプターの活動を再開した2009年4月時点では43万円ほどの資産を引き継いで下りましたので、ようやくその状態に戻ったということです。

 したがいまして、安定的に活動を継続するためには、引き続き年会費による財政基盤の強化が必要でありますので、2011年につきましても納付の程よろしくお願い申し上げます。皆様には総会に是非ご出席いただき、活動に対するいろいろなご助言を賜れれば幸いです。万障お繰り合わせのご出席をお願いいたします。

JEWCA東京チャプター会長 土屋隆

2009年12月 5日 (土)

会長からのメッセージ

 東京チャプターは本年4月の発足以来、会員名簿の整備、7月には新規EWCプログラム参加者の歓送会を実施など徐徐にではありますが、活動の定期化に努めて来ているところです。他方で、現時点で東京チャプターの運営事務局(規約では運営委員会)が直面している問題が2つあります。すなわち①財政と②会員連絡網の整備、です。
 財政につきましては、4月の総会で私は、活動が定着するまでは会費(従来は年額5千円)を徴収しない旨申し上げたところですが、①今後の活動の定着が皆様のご協力により見通せる状況となったこと、②先輩方から引き継いだお金47万円ほどが、去る7月の歓送会や当総会案内の郵送代で大きく減少していること、そして③当初はEメールのみでの案内・連絡を想定していましたが、予想に反して郵便での連絡も必要となり経費がかさんでいること、などに鑑み、会費復活の必要性が出てまいりました。ついては、新年度より、従来よりも小額の2千円を年会費として徴収させていたきたく、ここにお願いする次第です。
 もうひとつの課題である会員連絡網の整備も上述の会費納入に関係しております。会員連絡網は、4月の総会、7月の歓送会の郵便によるご案内の際にも多くの方から返事がいただけなく、きちんとしたものができておりません。
 そこで、上述のとおり会費納入をもって対象の方を絞り、①今後の歓送会、総会のご案内は郵送で行う、また、②EWCや外国のEWC同窓会からの来日者などを囲んだ緊急で書面郵送の時間的な余裕のないイベントや懇談会はEメールにてご案内する(以下の注)、こととさせて頂きたいと存じます。
 つきましては、上記ご理解のうえ、総会への出欠に拘わらず、年会費2千円の納入をお願いいたします。総会にご出席いただけます場合には、参加費5千円となっておりますので、合計7千円を同封の振込用紙にて1月8日(土)までにお振込みの程お願いいたします。

EWCA東京チャプター会長 土屋 隆

(注)過去の返信はがきでの連絡でEメールアドレスのお書きになって頂いた方のうち、4月以降現在までに東京チャプターからのEメールが一度も到着していない方については、アドレスが事務局に登録されておりません。事務局はマンパワー不足ゆえ、いただいた葉書から手作業でのアドレス登録はしておりません。会費納入の方でEメールでの連絡もご希望の方は、事務局(jewca_tokyo@yahoo.co.jp)にEメール送信をお願いします。
  また、今後はグループメールを利用する予定であり、そのために東京チャプターの新しいアドレスから招待メールがアドレスを登録して頂いた方に3月末までに届きます。間違ってこれを廃棄しないようにお願いします。迷惑メールを防止するために、新アドレスは招待された方のみ使用可能にしております。

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ