年次総会

2019年2月25日 (月)

2019年度年次総会 開催報告及び配布資料

東京チャプターの第11回年次総会が2019年2月23日(土)11:00~14:00に神楽坂キャンパスに隣接した東京理科大の同窓会館「理窓会倶楽部」6階サロンで開催された。2018年度は星野会長の主導で7月7日に臨時総会が開催され、規約が改正されて初めての年次総会となった。高齢の早川夫妻やホノルル在住の外池夫妻が参加された一方、宮本会員や上田会員など常連の参加が少なく、出席者は15名と少人数であった。ほとんどが一斉メールによる総会案内であったことに加え、郵送による案内状に返信用ハガキが同封されていなかった、などが反省材料となった。「2019_general_meeting_agenda.docx」をダウンロード

横田昌幸副会長の司会で総会が始まり、星野会長の挨拶に引き続き、2018年度の活動報告と規約改正について説明があった。改定された規約では年会費が廃止され、過去に一度でも年会費を支払った人、あるいは2000円の入会金を払えば誰でも会員(EWC関係者)または準会員となることができる。次に山下より2018年度の決算報告と監査結果の報告を行った。2018年度はEWCのゲスト歓迎会などがなかったため、参加費収入、活動費支出ともに少なく、6万5千円の黒字決算であった。その結果、チャプターの正味財産が73万3千円に増加した。「financial_report_2018.xls」をダウンロード 「ewca_20142018.pdf」をダウンロード  「2018.12.31 年会費納付者名簿.xlsx」をダウンロード

星野会長より2019年度の活動計画として、夏に新人の歓送会、秋に講演会、EWCからゲストが来日した際にはその都度歓迎会を開催する、との方針が示され、予算案とともに承認された。今年度以降は基本的に参加費の実費払いにより活動が継続されることが了承された。続いて、運営委員会の長谷川洋一委員、熊野留理子委員の退任と、外池一子会員、安部由紀子会員の再任、及び就任が紹介され、2019年度も11人体制で運営することになった。特段の質問や異議が表明されることなく、総会が無事に終了した。
総会に引き続き、群馬県立女子大学名誉教授の片桐庸夫(ノブオ)会員(93年)による特別講演が行われた。片桐会員は2018年10月に藤原書店より「横田喜三郎 1896~1993 現実主義的平和論の軌跡」を出版。新聞等でも大きく取り上げられたが、今回は特にハワイに関係の深いテーマとして、「ハワイの国際主義と太平洋問題調査会(IPR: Institute of Pacific Relations)」を取り上げて話をされた。IPRは第1次世界大戦後の複雑な国際関係(清の没落、日本の台頭など)を背景に、超一流の知識人を集めて2年ごとに開催され、個人の資格で自由に発言できる場として、後に国際連盟、汎米会議と共に世界3大会議と評価された会議である。
第1次大戦後に書かれたシュペングラーの『西洋の没落』をきっかけに、世界の中心が欧米からアジア太平洋地域に移る、との認識が広まり、IPRでは太平洋地域の平和、移民問題、東西の文化的対立などが議論された。1925年に本部がホノルルに設けられ、第1回会議がプナホ・スクールで開催されたが、1933年に本部がニューヨークに移転した。日本は満州国建国や国際連盟脱退を機に孤立し、1937年にIPRからも脱退、後に1950年に復帰した。1945年のホットスプリングスの会議では天皇制をはじめとする戦後日本の重要課題が議論されることもあったが、その後マッカーシズムの標的にされて支持を失い、1961年に解散した。片桐先生の講演では内容の面白さに加えて、軽妙な語り口に魅せられた。
片桐会員によれば、長年奉職した群馬県立女子大学は実家に近く、田舎だが非常に居心地が良かった。これまでに2度転職の機会があった。1度目は慶応大学湘南キャンパスがオープンした時。2度目は早稲田大学大学院アジア太平洋研究科設置の時に誘われた。その時に言われたのは、「給料は2倍だが、仕事量は3倍」という言葉。妻は「給料2倍」に関心があったが、私には「仕事3倍」が問題だったので、結局断って好きな仕事に邁進した。定年になり、念願の世界周遊の旅を計画している。最終地点はハワイと決めている。妻を同行するつもりでいたが、幸か不幸か断られた。妻はハワイアン・キルトに入れ込んで、今では教室を開いて教えるほどの腕前になっている。
特別講演に引き続き、松田薫会員の司会で懇親会を開始した。矢野安剛会員による乾杯の音頭の後、食事を始める前に15名の参加者がそれぞれ近況を報告した。一人ひとりの話に耳を傾ける時間が持てて有意義であった。現役を退いてからいかに健康を保つかが共通の関心事であり、外池一子会員から「自分自身のサステイナビリティに気を配っている」という話があった。辛島篤美会員は65歳で定年後10年間に6000m級を含め内外の山を歩く傍ら、75歳からマスターズ水泳に出場して多くの金メダルを獲得した。今年から85~89歳の区分で毎回大会新記録を狙う、とのことである。集合写真を撮影してから、山下のウクレレ伴奏で「いい日旅立ち」と恒例の「アロハオエ」を唱和してお開きとなった。2020年の「EWCAホノルル大会」での再会を約束して別れた。   山下道子(76年)・記
松田薫(79年)・写真提供 
 
2019ewca
2019
早川巖(77年)・写真提供
Dscn23851000_2
Dscn24041000_3
Dscn24031000_1

2018年3月 8日 (木)

総会特別講演資料(飯沼芳樹会員)

2018年2月24日の第10回年次総会で「米国のエネルギー政策とわが国の事情」についてご講演くださった飯沼芳樹会員(82年)よりパネル資料を 提供していただきました。

ダウンロードしてご覧ください。「lecture_panels_by_dr.Iinuma.pdf」をダウンロード

2018年2月27日 (火)

2018年度年次総会 開催報告及び配布資料

東京チャプター会員の皆様

寒さ厳しい折、2018年2月24日(土)11:00~14:00に第10回年次総会を開催しました。場所はいつもの東京理科大・神楽坂キャンパス「理窓会倶楽部」6Fサロンです。出席者は19名(内1名欠席)と例年に比べて少なかったのですが、常連に加えて新人の安部由紀子さん(APLP17)が参加してくださいました。総会で配布した下記の資料をダウンロードしてご覧になることができます。
参加者名簿 ダウンロード - 2018.2.2420participants2720list.xlsx

 

2017年度決算、財産目録、監査報告、2018年度予算 「annual_financail_report_jewcatokyo.xls」をダウンロード


2013~2017年度の時系列決算 「EWCA2013-2017.pdf」をダウンロード


今年度は代行期間を含め3年間務めてくださった竹本会長(78年)と土屋監事(77年)が退任され、新たに星野会長(70年)と竹本監事(元会長)が選任されました。運営委員は矢野委員(63年)、土屋監事、外池一子委員(78年)、外岡委員(84年)が退任され、山本委員(78年)と横田会員(81年)が副会長に就任されました。それ以外は橋本委員( APLP05)、横手委員( APLP09)、松田美里委員( APLP15)、山下(76年)が留任し、新たに松田薫会員(79年)と熊野会員(03年)が加わってくださいました。星野会長以下、この10名で1年間のチャプター運営を担当しますので、よろしくお願いいたします。

総会後、飯沼芳樹会員(82年)が 「アメリカのエネルギー政策と日本の事情」というテーマで講演してくださいました。講演内容については説明つきのパネル資料がHPに掲載される予定ですので、そちらをご覧ください。

講演会後に懇親会を開催し、矢野会員による乾杯、安部会員の自己紹介、久米会員(74年)肝いりのアジア太平洋センター構想の紹介がありました。その後、橋本委員の音頭でラッフルというくじ引きをやり、運営委員が持ちよった景品をゲットしたり、しなかったりしました。最後に恒例のアロハオエを斉唱し、集合写真を写してお開きとなりました。
皆様のご協力で今年も和やかな総会・懇親会を開催することができて、運営委員一同安堵しています。星野新会長が総会以外に年に1,2回会員が集まる機会を作りたいと提案されています。総会に参加できなかった皆様、是非次のイベントにご参加ください。
東京チャプター事務局 
会計担当  山下道子(76年)
2018ewca

 

 

 

2017年3月 3日 (金)

2017年度年次総会 配布資料と会場写真

2017年度年次総会で配布された資料です。ダウンロードしてご覧ください。

会計報告(2016年度収支決算、2016年度末資産残高、2017年度予算)「annual_financail_report_jewcatokyo.xls」をダウンロード
時系列収支決算(2012年度~2016年度)「EWCA2012-2016.pdf」をダウンロード
年会費納付者名簿「2017.2.25 annual due JEWCA-Tokyo.xlsx」をダウンロード

総会及び懇親会での会場風景。写真提供者は外池一子氏(78年)です。

Sdscf6667Sdscf6665_2Sdscf6672_2

Sdscf6677_2








Sdscf6673Sdscf6679_3

Sdscf6684_2


Sdscf6675

2017_3














2017年3月 2日 (木)

2017年度年次総会 開催報告

東京チャプター メンバーのみなさま

2月25日に開催した日本イーストウェストセンター同友会東京チャプターの2017年度年次総会、および懇親会についてご報告いたします。今回の出席者はメンバー27名(内議決権保有メンバー25名)、家族1名、ゲスト1名の計29名でした。総会は25名の出席者と議決権保有メンバー(2016年度年会費納入者)40名からの委任状により成立しました。

 

総会は横手仁美さん(2009年)の司会で進行しました。まず竹本和彦会長(78年)から開会の挨拶に続いて2016年度の活動報告があり、会計担当の山下道子さん(76年)から会計報告がありました。監事の土屋隆さん(77年)が出席できないため、書面による監査報告が行われ、それぞれ承認されました。続いて、竹本会長から2017年度の活動計画および予算案の説明があり、それぞれ承認されました。

その後、会員の小林英治さん(64年)から、卒業後50年を迎えた同窓生としてハワイ大学の卒業式に出席し、総長から紹介され、メダルなどの記念品を授与されたお話がありました。また、会員の久米昭元さん(74年)から、沖縄チャプターのメンバーを中心に沖縄にEWCのような研究所を作る計画の趣意書が公表できる段階まで進んでいること、趣旨の賛同者を求めているので、関心のある人は連絡してくれれば送付する、とのお話がありました。

総会が無事終了した後、Naomi C.F. Yamadaさん(2006年)による"Preferential policies for Chinese minorities in higher education"と題した講演が行われました。中国における少数民族の説明(数・地理的分布など)に始まり、高等教育における優遇策と(具体的には、入学試験の点数の優遇で経済的な援助などはほとんどない)、それに対する漢民族の不満などがある反面、世界のトップ大学を目指す現在の中国の政策と比較すると、少数民族優遇策には経済的な支援が伴わないものである、という問題点が指摘されました。出席者から多くの質問が出ましたが、会場の都合で切り上げ、懇親会会場に移動となりました。

続く懇親会は、木内義勝さん(76年)の乾杯の音頭で始まり、食事・歓談の後、中部チャプター前会長の星野靖雄さん(70年)からご挨拶がありました。最後に、山下道子さんのウクレレ演奏があり、山下さんのウクレレの伴奏で全員でAloha ’Oeを歌い、記念写真を撮ってお開きとなりました。以下に参加者名簿と集合写真を掲載します(早目に帰られた方がいらっしゃるので、残念ですが全員は写っていません)。    外池一子(78年)記
2017

2017s_20200705194701

 

 

2016年3月12日 (土)

2016年度年次総会 開催報告

東京チャプター メンバーのみなさま

3月5日に開催されたイーストウェストセンター同友会東京チャプターの2016年度年次総会および懇親会についてご報告します。今回の出席者はメンバー24名(内議決権保有メンバー24名)、家族1名、ゲスト1名の計26名でした。総会は24名の出席者と議決権保有メンバー(2015年度年会費納入者)37名からの委任状により成立しました。

2015年度決算及び2016年度予算 「2015financail_report_jewcatokyo.xls」をダウンロード
2016年度年会費納付者リスト 「2016.3.5 annual due JEWCA-Tokyo.xlsx」をダウンロード

総会は外池滋生さん(73年)の司会で、まず日本銀行政策委員会審議委員就任に伴い会長を辞任された原田泰さん(78年)の挨拶、竹本和彦会長代行(78年)から開会のあいさつの後、外池一子連絡担当(78年)から2015年度の活動報告および去る1月にマニラで開催されたEWC/EWCAの国際会議の報告、次いで、山下道子会計担当(76年)からの会計報告および土屋隆監査役(77年)による監査報告が行われ、それぞれ承認されました。続いて、竹本会長代行の会長就任が承認され、竹本新会長から2016年度の活動計画および予算の説明があり、それぞれ承認されました。

総会が無事終了した後、土屋大洋さん(2014年)による「サイバーセキュリティと国際政治」と題した講演が行われ、私たちがよく知っている事例なども挙げて、サイバー攻撃が頻繁に起こっていること、サイバーセキュリティにとってのハワイの重要性、東京オリンピックも控えている日本政府の対応の遅れ、サイバー防衛のための愛国的コンピューターおたく(geeks)を中学生くらいから育成することの必要性などを、豊富な資料とユーモアを交えて話されました。 最後に、私たちにできることとして、まずセキュリティソフトを最新の状態にしておくことが不可欠とのことでした。

続く懇親会は、神保尚武さん(69年)が乾杯の音頭をとられ、ハワイ大学同窓会日本支部会長のTim Ondoさんからご挨拶がありました。懇親会の最後には山下道子さんのウクレレ演奏があり、続いてEWCのTシャツなどが賞品のくじ引きがありました。最後に、ウクレレの伴奏で全員でAloha ’Oeを歌い、記念写真を撮ってお開きとなりました。以下に参加者名簿と集合写真を掲載します。
(外池一子・記) Photo

Photo_2

2015年2月25日 (水)

2015年度年次総会および懇親会

東京チャプター メンバーのみなさま

2015年2月14日(土)に開催されましたイーストウェストセンター同友会東京チャプターの第7回年次総会および懇親会についてご報告いたします。今回の出席者はメンバー27名(内議決権保有メンバー24名)、家族1名、ゲスト1名の計29名でした。総会は24名の出席者と議決権保有メンバー(2014年度年会費納入者)40名からの委任状により成立しました。

総会は山本真鳥さん(78年)の司会で、まず矢野安剛会長(63年)から2014年度の活動報告がされ、次いで、山下道子会計担当(76年)からの会計報告および書面による市原暉久氏(74年)による監査報告が行われ、それぞれ承認されました。
「2014financail_report_jewcatokyo.xls」をダウンロード
「2015.3.31 annual due JEWCA-Tokyo.xlsx」をダウンロード

続いて、今年は会長改選の年ですが、立候補者がなかったため、矢野会長が原田泰副会長(78年)を推薦され、原田氏が新会長に選出されました。その後、原田新会長から2015年度の活動計画、山下会計担当より2015年度の予算の説明、続いて土屋隆氏(77年)の監査役推薦があり、それぞれ承認されました。また、総会の最後には、ハワイ大学同窓会日本支部会長のTim Ondoさんから簡単なご挨拶がありました。

総会が無事終了した後、酒井(金子)洋子さん(64年)による「翻訳劇の演出--私の場合」と題する特別講演がありました。講演は、川端康成の『雪国』の冒頭の一例から始まり、翻訳の極意は観客に2時間半芝居を見てもらうための”勢い”(強弱のリズムを生むインパクトのある表現)だとの話をされました。話は、EWC留学前の大学時代、芝居を演じる方に関心があった頃の様々なエピソードから、帰国後演出に関心が移った後のN. サイモンの「おかしな二人」(1968年)から1987年から現在まで続いている「レ・ミゼラブル」などさまざまな作品の翻訳のエピソードを、また、ノンフィクション作品の翻訳にあたっては、EWCの同期生のアドバイス受けたことなどを大変エネルギッシュに楽しく話されました。

続く懇親会は横手仁美さん(2009年)の司会で、馬場房子さん(63年)による乾杯の音頭で始まりました。馬場先生は2004年の東京での国際会議開催までのエピソードなどを話されました。 懇親会の後半では、橋本千英さん(2006年)のフラダンスと新田文輝さん(75年、関西チャプター)のウクレレ演奏があり、最後に運営委員や同窓生の著作やハワイグッズが賞品のくじ引きがありました。最後に、新田先生のウクレレの伴奏で全員でAloha Oeを歌い、記念写真を撮ってお開きとなりました。

今回もホテルグランドパレスの大塚尚夫社長(70年)にはさまざまな便宜を図っていただきましたことをお礼申し上げます。以下に参加者名簿と集合写真を掲載します。名簿には載っていませんが、当日UHAAのTim Ondoさんがご出席、久保庭眞彰さん(2013)は欠席されました。なお、参加者名簿や写真はグーグルドライブにもアップロードしましたのでご覧ください。

報告者 外池一子(78年)
S_2






Photo

​講演してくださった酒井洋子さんが翻訳されたお芝居「12人の怒れる男たち」が3月25日より俳優座で再演されます。深刻なテーマにもかかわらず、軽妙なセリフでユーモアに心温まる作品になっています。ぜひ観劇をお勧めします。(山下道子・記)

S_3S_4

2014年4月 8日 (火)

2014年度年次総会および懇親会

東京チャプター メンバーのみなさま

3月29日(土)に開催された日本イーストウェストセンター同友会東京チャプターの2014年度の年次総会および懇親会についてご報告いたします。今回の出席者はメンバー31名(内3名新メンバー)、家族1名、ゲスト3名の計35名と盛会でした。

総会は外池滋生さん(73年)の司会で、まず矢野安剛会長(63年)による2013年度の活動報告および2014年度の活動案が説明され、承認されました。次いで、山下道子会計担当(76年)からの会計報告および市原暉久氏(74年)による監査報告が行われ、承認され、引き続き、山下会計担当より2014年度の予算の説明があり、承認されました。
「2013financail_report_jewcatokyo.xls」をダウンロード
「2014.3.29 annual due JEWCA-Tokyo.xls」をダウンロード

続いて、外岡尚美さん(82年)による「ミュージカルの楽しみ」と題する特別講演があり、ミュージカルの歌や物語は、楽しいだけでなく、楽しみの中にその時々の社会の問題をとらえ、新しいものの見方や文化的意味を構想していくものだということを、20世紀初期・中期、そして最近の3つの作品を取り上げ、その映像を見せながら話されました。

続く懇親会は横手仁美さん(2009年)の司会で、神保尚武さん(69年)による乾杯の音頭で始まり、各テーブルで旧交を温め、楽しい時間を過ごしました。懇親会の後半ではビンゴゲームをしましたが、East West Centerから寄付されたり購入したEWCグッズなどの品々が賞品でした。最後にみんなで記念写真を撮り、山下道子さんのウクレレの伴奏、佐藤容子さん(2008年)のリードでAloha Oeを歌って、お開きとなりました。「aloha_oe.xlsx」をダウンロード

今回もホテルグランドパレスの大塚尚夫社長(70年)には講演用の大型スクリーンを用意していただくなどご高配を賜りました。ここに改めてお礼申し上げます。以下に参加者名簿と集合写真を掲載します。外池一子(78年)・記

2014 2014_2 S2014




2013年4月 6日 (土)

2012年度決算、2013年度予算、会費納入者名簿

2013年度の年次総会で承認された「2012年度決算報告と2013年度予算」、及び4月6日現在の会費納入者名簿です。ファイル名をクリックしてご覧ください。

「2012financail_report_jewcatokyo.xls」をダウンロード

「2013.4.6 annual due JEWCA-Tokyo.xls」をダウンロード

2013年3月16日 (土)

2013年度年次総会の開催報告

東京チャプター メンバーのみなさま

3月16日(土)に四谷「スクワール麹町」で開催された、日本イーストウェストセンター同友会東京チャプターの2013年度年次総会、および懇親会についてご報告いたします。

総会は熊野留理子さん(03年)の司会で、まず外池滋生会長(73年)による活動報告、山下道子会計担当(76年)からの会計報告、および市原暉久氏(74年)による監査報告が承認されました。その後、会長選挙が行われ、立候補者がいなかったため、運営委員会が推薦する矢野安剛氏(63年)が次期会長に選出されました。次いで、矢野次期会長および山下会計担当より2013年の活動案と予算案の説明があり、承認されました。

続いて、山本真鳥さん(78年)による「現代太平洋美術」と題する特別公演があり、ニュージーランドで活躍するサモアをはじめとする太平洋の島々出身のアーティストの作品が紹介されました。続く懇親会は外池一子さん(78年)の司会で、酒井洋子さん(64年)による乾杯の音頭で始まり、各テーブルで旧交を温め、楽しい時間を過ごしました。

今回の出席者はメンバー23名、ご家族1名、ゲスト1名(沖縄チャプター代表)の計25名でした。参加を予定されていた太田幸夫氏と白田佳子さんは、仕事の都合で欠席されました。なお、沖縄チャプターを代表して参加してくださった西平章子さん(66年)からは、2014年10月9-11日に沖縄で開催されるEWC/EWCA の国際会議について説明がありました。(詳細は追ってお知らせいたします。)

以下に参加者名簿と集合写真を掲載します。スナップ写真は早川巌氏(77年)から提供されました。(文責 外池滋生)

20132_2Jewca

                                         
酒井洋子さん(64年)                                  山本真鳥さん(78年)Photo_8
   

Photo_7
                                  Sandra Havensさん(93年)

Havens_2




最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ